Q1: 公告にかかる費用はどのくらいですか?
A1: 公告料金は全国一律です。官報公告掲載料金表をご覧下さい。
官報の公告(広告を含む)には一定の掲載基準があります。掲載内容によって料金も異なります。

種  別 単位 公・広告料金(税込)
特殊法人・地方公共団体 各種公告 1行 945 円
会社関係 各種公告 1行 3,524 円
枠付 普通 1枠 36,489 円
ページ指定 1枠 49,071 円

* 枠での公告の場合
2枠 72,978 円
3枠 109,467 円
4枠 145,956 円
5枠 182,445 円
6枠 218,934 円
8枠 291,912 円
12枠 437,868 円
(注) 1.
2.

3.
1行とは22文字詰めです。
1枠の大きさは、1段6分の1
(2.9cm×6.1cm)です。
活字の大きさは、8ポイントです。

料金表の金額には、消費税、掲載紙の送付費用が含まれています。ゲラ拝(校正)のための
追加費用はかかりません。
Q2: 公告の申込みから掲載までの流れを教えてください。
A2: 一般的な掲載までのながれは次のとおりです。

1) お申込み・入稿 [お客様]
インターネット、FAX、郵送、来店などで、原稿・申込書をお送り下さい。

2) ご連絡・原稿作成 [弊社]
掲載日や原稿の内容について弊社よりご連絡を差し上げます。それに基づきゲラを作成します。

3) ゲラ拝(校正) [お客様]
作成したゲラをお客様にお渡しし、誤字脱字などがないかチェックしていただきます。(掲載までの日数が少ない場合、ゲラ拝のお時間をとれないことがございます。)

4) 校了 [お客様]
ゲラ拝(校正)の結果、修正があればその指示をしていただきます。修正がなければ校了のご連絡をいただきます。
(校了のご連絡をいただいた後は、原則として、修正・取消しができなくなりますのでご注意願います。)

5) 印刷→掲載
校了後に国立印刷局へ入稿し、印刷・掲載となります。
Q3: 決算公告はいつまでに出せばよいですか?
A3: 会社法の第440条では、株式会社は定時株主総会の終結後遅滞なく貸借対照表等を公告しなければならない旨が定められています。特にいつまでといった期限は決められていませんが、総会の終結後なるべく早く公告されることをお勧めします。
Q4: 掲載された官報を確認する方法は?
A4: 公告が掲載された官報は、当社より送付しますので、内容をご確認下さい。
また、国立印刷局のホームページ上で過去1週間分の官報を閲覧することができますのでご利用下さい。
Q5: 解散公告は何回必要ですか?
A5: 会社法を根拠とする法人の場合は、一回行えば良いことになりました。
(会社法第499条)
ただし、民法法人等の解散公告は民法の規定により現在も3回の公告が必要です。
(民法第79条第1項)

平成24年4月1日以降、総会、決議及び、議事の認可日の方は、一回に変更になりました。
Q6: 解散公告の掲載期限は?
A6: 会社法では、解散後「遅滞なく」官報に公告するように規定されています。
(会社法第499条)
該当後なるべく早く掲載されることをお勧めします。
Q7: 公告のファイルをメールで送りたいのですが、専用のメールアドレスがありますか?
A7: 公告用専用メールアドレスはあります。
メールアドレス:hkanpai□seagreen.ocn.ne.jp
メールアドレスの□を⇒@に変えて下さい。
決算公告
合併に関する公告
会社分割に関する公告
組織変更に関する公告
解散公告
資本金及び準備金減少公告
基準日設定公告
定款変更等通知公告
組織再編等通知公告
株券等提出公告
外国会社の全ての日本における
  代表者の退任公告
配当に関する公告
相続関係の公告
営業保証金取戻しに関する公告
社債に関する公告
社債に関する公告
官報公告 メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ